●●●●
●●●●
●●●
●●●
●●●
●●●
●●●
●●●
●●●
1●●●●●101:15
2●●●●91:10
3●●●91:15
4●●●●80:50
5●●●71:05

学会を盛り上げるなら
百人会議!

ハイブリッド対応で導入も簡単!

盛り上げるための機能が充実

企画から会議後までのサポート機能も充実

失敗できないイベントをより確実にできる
安心のサポート体制

NEWS

百人会議のホームページをリニューアルしました。しばらくの間、Medtech JPのホームページと並行運用いたします。

FUNCTION

百人会議には、企画から会議後までのサポート機能が

オールインワンで揃っています!

参加者の盛り上がりだけでなく、主催者の運営も快適です!

会議の流れと機能

詳細はこちら

DEMONSTRATION

USE SCENE

学会
学術大会、発表会、講習会

発表者の質問に参加者がリアルタイムに回答できたり、座長が質問を受け付けて会場の声を反映できます。会議の終わりには発表資料をデジタル配布できます。

対話集会
シンポジウム、パネルディスカッション

対話や討論にシステムを用いることでメリハリがつき、スムーズな意見交換ができます。未解決エリアに関する方針決めには参加者の意見も重要ですので、意見吸い上げに効果的です。

ライブイベント
ライブ中継、テレビ中継

例えば治療を行いながら進める形式のセッションでご利用いただけたり、実況中継のイベントに百人会議を組み合わせることで視聴者の投票や多くの意見を収集できます。

説明会
ピッチイベント、ビジネスコンテスト

参加者からのアイデアを募集することで次のステージへのヒントとなったり、審査委員からコメントをもらいながら最優秀賞を決める投票にもご利用いただけます。

研修
社員教育、ワークショップ、セミナー

教育や授業は一方向性があり学習進度が判りにくいので、理解度を問う質問を適宜挟むことで、双方向の参加型学習ができます。クイズにより参加者の点数を集計することもできます。

宴会
納会、結婚式

例えば、結婚式のパーティーで新郎新婦にまつわるトリビアをクイズにして正解者に豪華景品という盛り上げができます。参加者全員にニックネームをつける楽しみ方もできます。

HOW TO USE

利用プラン

最小100,000円からご利用いただけます。

基本プラン

100,000円〜
/セッション

オプション

動画

50,000円~/セッション

スタッフ派遣

100,000円~/人日

申し込みサイト設営

お問い合わせください

独自デザイン対応

お問い合わせください

ご利用の流れ

STEP1
お問い合わせ

STEP2
内容確認

STEP3
お見積り

STEP4
サポート開始

ご利用はシンプルです!
お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

ABOUT US
百人会議について

私は卒後10年あまり循環器内科医としてのキャリアを進めて参りましたが、米国留学を機に病院の外での活動や医療周辺での事業を始めるに至りました。

弊社メイン事業である百人会議は、米国での情報交換の活発な、質問だらけの学会を多く経験した後に、日本の学会では質問がなく座長の先生が自ら質問している状況を目の当たりにし、意見交換のシステムが必要であろうということで開発いたしました。

当初は主に循環器領域のご利用から開始しましたが、どの診療科にも医療外にも対応していますので、利用促進したいと思っております。皆様の学会・会議をより活発にするために是非ご利用ください。

代表取締役CEO
薬師寺 忠幸

USAGE RECORD

ご利用件数

2016年からご利用多数。
安心の実績とノウハウがあります。

ご利用件数
202216回
202114回
202010回
201939回
201824回
20178回
20162回

ログイン参加者数

計測可能なデータから統計を取りました。

詳細はこちら

FAQ

  • 百人会議の登場人物は?
    主催者側(主催者、発表者や演者、座長や議長や司会、解説者、討論者|プロモーター、プレゼンテーター、モデレーター、コメンテーター、パネリスト)、参加者側(参加者、視聴者)、百人会議スタッフ(運営、設営)を想定しています。
  • 百人会議のサポート範囲は?
    企画から会議後のフォローアップに至るまで幅広くサポートしていますので、事務局の方はテクニカルなことで悩む必要はありません。開催経験豊富なスタッフや医師・看護師等の有資格者から会議を盛り上げるためのアドバイザリーもできます。
  • リアルとオンラインの同時開催にも対応していますか?
    はい。リアル、オンライン、ハイブリッドの3パターンともに対応しています。会場だけでなくご自宅からでも動画のライブ配信ができ、参加者も一般的なブラウザで視聴やコメント投稿などができます。
すべて見る